30代の貯金額と投資。株主優待を旦那に止められた話。

このブログはNISAもiDeCoもしていない人への布教のためにしています。(初耳
と、いいますのも、いつも言っている通り世の中の人って投資に全く興味がないのですね。

わかります、わかりますよ~~
MONOもそうでしたから。

勝手に「株とか専門外だわい」って思ってるんでしょう。そうでしょう・・・。

でもね、非常にもったいないのですよ。
あなたの時間・貯金通帳の中のお金・もしかしたら定期に入れているお金。

適切に投資したらどんどん増えてくれるのですから。

スポンサーリンク

30代の平均貯金額

貯金額というのは、30代ですと男女に差はあるものの、ざっくり300~450万が平均のようです。

もちろん

しろくま
「こ、これは結婚資金で・・・!」

って方から分捕ろうとはしないのですが。

持ってるよね、貯金・・・ね?持ってるよね?

余分なお金で投資をすることが大前提

投資は大前提に「余分なお金」ですることが大事です。

大事な生活費を使ったり、無理やりお金を繰り出すのはNGです。
理由は精神的圧迫と、「このお金で絶対にどうにか増やさなきゃ・・・!」とやばい思想になりがちです。

失敗した際には、もっと躍起になり、
「さらにお金を借りて、先ほどの損を取り戻す!!」
と、損を取り戻すことから始めてしまいます。

もちろんそのようなテンションですと、うまくいくはずもないので苦しんで撃沈してしまうのです。
これはもう、よくあるどころか当たり前の話ですね。

なので投資というのは生活資金ではなく、ずっと通帳でくすぶっているお金を持ってる方に限るのです。

毎年こっそり120万円を投資する

独身の人で趣味にガンガンお金を使っていない人であれば、そこそこ持っていると感じます。現に私は気が付いたら1000万以上貯金がありました。

30歳を迎えた時から「あれ?資産運用始めないとかな?」とやや使命感でNISAを始めようと決意。それからの行動は早かったですね。

MONOがやっている投資はこちら

NISA 米国株ETF(VTIに50万・VOOに50万)
ウェルスナビ 50万

こんなブログを書いている割にはNISAしかしていません。
NISAの限度額まであと20万円ほどあるので、時間があったら投資したいです。

なぜMONOがNISAくらいしかしていないかというと、旦那の理解が得ていないからなんですよね~。

この前

MONO
数百万投資していい?

って旦那に聞いてみたら

「どれくらい下がったらどのくらいのマイナスになるかちゃんとわかってる?」と説教されてしまいました。

数年前も

MONO
「株主優待した~い」

と言ったときには、

「株がしたいの?株主優待がほしいだけなの?株主優待のために損するかもしれないことちゃんと考えてる?」とのこと。

( ;∀;)

MONOはこのお方を口と知識で勝つことはできないのでありました。

この「ちゃんとわかってる?」系の説教はとても考えさせられますね。

「たしかに、長期運用すれば上がるとだけ思ってたな。下がるのは当たり前だけど、どこまで下がるかとかは予想してなかったな。」とか

「株主優待に目がくらんでいたのバレてるな。」とか(笑い

正直株主優待とか、特権的な物が欲しかっただけで、損したらものすごく呆れられそうなのでしていません。

株主優待もらう=株してるで~ってやりたいだけだったのです。

旦那の「たかだか3000円分くらいの商品(株主優待)でしょ?50万だか100万の株を買って本当にそれが欲しいの?」という言葉は胸に響いたなぁ。(笑

人の話にすぐ流される系のMONOは頂いたありがた~い言葉を胸に今日もこっそり米国株を運用するのでした。※「私、NISAするね。」くらいしか言っていない気がしてきた。

なので、一気にガッツリ数百万円を投資しないで一年に120万円投資するのでちょうどいい気がします。分散的に・・・。<勝手に運用してることには変わらないという。

正直言うとお金の生る木を育てたいと思っているのでこれじゃ全然足りないのですが。

お金の木についてはまた次回に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする