【米国ETF VTI】全米中の企業に投資!コスパ最高で長期保有にも

皆さんは米国株のことを調べ始めるとVTIという言葉によく行きあたると思います。

VTIを購入することは米国株式市場のほぼすべてを投資できる大変すばらしいETFです。
これ一本を買い続けるだけでもアメリカの有望企業を一気に網羅できることで人気なのです。

VTIはバンガード・トータル・ストック・マーケットETF(Vanguard Total Stock Market ETF)のことで、米国のETFです。

CRSP米国総合指数に連動して投資していて、投資対象は米国株式市場全体としています。
保有銘柄は3600以上を保有しているんですよ。

MONO
VTIは米国全土を投資できる!と言われているETFだよ。

CRSP USトータル・マーケット・インデックスのパフォーマンスへの連動を
目指しています。

しろくま
CRSP USトータル・マーケット・インデックスってなに?

MONO
米国株式市場に上場している約4,000銘柄から構成されている、(時価総額加重平均型)株価指数だよ。

しろくま
・・・時価総額加重平均型って・・・?

MONO
一部の小規模な値がさ株に影響される心配が少ないんだ。
反対に、時価総額の高い大型株の割合が大きくなるんだ。
値がさ株というのは1単元当たりの株価の水準が高い銘柄のことだよ。

しろくま
へー(全然わからない・・・)

VTIはインデックス・サンプリング法を用いたパッシブ運用です。

パッシブ運用とは、運用目標とされるベンチマークに連動する運用成果を目指す運用手法のことをいいます。

ベンチマークを上回る運用成果を目指すことは「アクティブ運用」と呼ばれています。

パッシブ運用のほうが機械的に運用できる分、販売手数料や信託報酬などのコストは少なく済みます。

しろくま
運用目標と同じ動きをするんだね。

スポンサーリンク

配当スケジュール


四半期毎にあり、年に4回あります。
年に4回もあるとなんだかたまにお小遣いをもらえる感じでうれしいですよね。

経費率


0.04%と、激安です。VTI人気の一番の要因はこれもありますね~。

やはり経費率が安いと、長期投資には向いています。

そして、コストが安ければパフォーマンスでよい結果が残せます。
こんなに少なくていいなんて逆にびっくりするレベルです。

でもこれは人気の象徴でもありまして、人気があるからこそ、こうやって経費率を下げることが出来るのです。
そしてまた人気が出て世の中のみんなが積み立てていくのです。

VTIの主要銘柄一覧

名称 数量 ファンドの割合
15.57 百万 3.51 十億 3.28
27.47 百万 3.14 十億 2.93
1.48 百万 2.97 十億 2.78
6.79 百万 1.45 十億 1.36
8.64 百万 1.42 十億 1.33
12.05 百万 1.36 十億 1.27
9.60 百万 1.33 十億 1.24
15.15 百万 1.29 十億 1.20
1.06 百万 1.28 十億 1.20
1.07 百万 1.28 十億 1.19


もうすごいメンツばかりが集まっている感じですね。
もはや、いうことなしです。

ですが、本当にこれだけじゃないんですよ。

VTIはアメリカ企業の小・中・大企業を3600銘柄以上そろえているので補い合ってすばらしい結果を出してくれます。

もちろん、アメリカ全体の経済は右肩上がりなのでVTIも同じように右肩上がりです。

アメリカは世界で一番経済発達しているというだけではなく、
働いている人の年齢平均が日本よりもずいぶん若いことにも期待があります。

しろくま
それってどういうこと?
MONO
働いている人の平均年齢が若い=若い人口が多い!

日本は少子高齢化と言われて、いまでは不安ムードしかないのですが、アメリカは違います。

人口は増加していて、若い層がまだまだ多く、子供も多く生まれています。

ということは、これからもアメリカは若い力でガンガン経済を回していけます。

日本はというと、若者が少ない、給料少ない、結婚しない、子供産まない・・・と、
どんどん理想とはかけ離れていきます。

残念なことですが、この差は大きいです。

アメリカはこのようにますます経済発展していきます。
期待せずにはいられませんし、右肩上がりトレンドはまだまだ続くと信じています。

分散投資:ETFであることゆえの安心


ETFというだけで分散投資はもうできています。このことは個人投資家には結構大きいと感じています。

投資家とはバリバリ株価だけを眺めている方だけではありません。
副業としての投資家も多くいます。つまりサラリーマン投資家です。

日本は年金問題が常に不安定ですし、景気もパッとしません。

こうなったら投資をしたい人も多く出てくるのですが、
サラリーマンが本業であると、株に時間を多くは取れません。

そんなサラリーマン投資家にはETFがぴったりです。
だって、VTIならこれ一本を買っておけばリスクの分散もされており、コストも安いので間違いなしです。

まとめ

  • VTIは米国のありとあらゆる企業の株をぎゅっとしてコトコト煮込んだものです。
  • 右肩上がりチャートの前では何も言うことはありません。
  • リスク分散されており、バランスがすでに良いです。
  • 人口増加でこれからもアメリカを支える若者が多く、安泰ですね。
  • 有名IT企業はもっと栄えると期待できます。
MONO
個人的には若者が多いってことがすごく羨ましく感じますね。栄えますね。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする