iDeCoに加入出来ない!企業型確定初出年金との併用不可の場合

  • 2018年10月30日
  • 2019年1月17日
  • iDeCo

 

iDeCoは節税にとっても役立ち、ぜひやるべき!
昨日の記事ではそう書きました。

 

節税もできるし、60~70歳の時に年金に上乗せ(一括も可)できるし、今のうちに未来への投資をしておきましょうと、そう、書きました。

 

ですが、人生は思っていたより甘くなかったのです。

 

広告

会社によってはiDeCoと企業型確定拠出年金は併用不可能

 

MONOは記事を書きつつ

MONO
お、自分も入らなきゃな~♪
と思っていました。

 

気分が乗ってきたので会社でサクサク聞きました。

 

MONO
この会社の企業型確定拠出年金とiDeCoは併用できますか?

 

会社の人「できません」

 

 

え!?

 

 

うちの会社はマッチング拠出(金額が上乗せできること)が出来ないので、iDeCoとの併用が出来るんじゃ・・・

 

昨日記事にした知識を言ってみるものの

 

会社の人「うちの会社は、出来ないんですよ;

 

出たー(涙)うちの会社だけなんかできないやつー!!
ちなみに私は残業しても残業代出ません。そういう会社なのっ☆彡ふふふ

 

ふふふ・・・(涙)

 

ショックを受けた私に対して、

会社の人「うちの会社、(毎月の掛け金)少ないですもんね~…(申し訳なさそう)」

MONO
(なんかいろいろくみ取ってもらっている。そうそう、そうなんだよね)

 

と、いうわけで、私の会社では企業型確定拠出年金とiDeCoは併用できませんでした。

 

皆さんも会社勤めをしている方は会社のわかる方に聞いてみてくださいね。
会社ごとに取り組みが決まっているので、覆すのは容易ではなりません。

 

会社の目安箱にでも書いて入れてやろうかとも思いましたが、結構心が折れたので
しませんでした。

 

しろくま
企業によって差があるのは結構辛いね。

 

企業型確定拠出年金とiDeCoが併用可能になる条件

 

併用可能として該当するのは

企業型確定拠出年金の上限額に達していない

マッチング拠出をしていない

というのが本来の条件でした。

 

MONO
ぐぬぬ・・・どっちも!どっちも当てはまっているのに・・・

 

企業に勤めていると、こういうこともありますね。残念です。

 

 

最新情報をチェックしよう!
広告