【米国株】経験0でもプロ並み投資が出来る!簡単で効果が大きい方法

投資の門を叩くのは勇気がいりますよね。
分厚くて難しい説明ばかりの本、
証券会社で渡される、細かくて何枚もある商品情報の冊子。

しかも手数料は高いんだか安いんだか、自分では判断できない…。

いくらこのような本や情報があっても、知識0の時は全く分からず、
やっぱり読むのを辞めた。面倒くさい。そんなことはありませんか?

投資なんて自分のすることではないな。
面倒くさいことをして損益(損すること)が出るならやらないほうがマシ。

そんなことを思ってしまうのも無理ないです。
専門のサイトや証券会社の冊子は難しいのですもん。

それでも私が米国株を押しているのには理由があります。

普通のOLで主婦でそんなに頭もいいわけではない普通の女性が米国株を購入した理由です。
今日はそのことをお話ししようと思います。

スポンサーリンク

米国株は今やだれでも買える。

今は国内のネット証券会社3社で米国株を購入することが出来ます。
手数料はマネックス証券がいち早く下げたことにより他の2社も同じ水域になりました。
そのほかの証券会社といいますと、楽天証券と
いまではマネックス証券と同じ水準まで下げたSBI証券があります。

MONO
ネットとお金さえあれば米国株は買えるよ!

英語も不要ですし、円しか持っていなくても証券会社でドルを購入→株を買う。の流れが出来ています。

簡単か?というと、ぶっちゃけ面倒くささはあるのですが、初めてでも30分以内には購入できると思っています。

私は証券会社のサイトとかは結構苦手なのですが、先人の方々のフォロー(ネット検索)により買い付けることが出来ました。

私もこれから買い付け等をわかりやすく紹介出来たらいいなと思っています。

私が迷ったところ、戸惑ったところ、不安なところを書いていけば、きっと同じところで躓いている人の助けになるかな?と思うからです。

こんなに米国株が身近になったのに買わないのはもったいないのでぜひ広めていきたいですね。

平均年収300万の私たちがちょうどよく使えるもの。

手数料はNISAの場合かからないですし、満額120万円の購入ができます。

120万てどうでしょう。小額うんたらかんたら名前がついていますが(正解は少額投資非課税制度
120万とか、年収300万が平均の庶民にとっては小額じゃないではないですか。

MONO
3分の1以上ですよ。

よく、「年収300万が一年で100万円貯めるコツ!」とか本屋で平置きされているじゃないですか。

年収高そうな旦那の妻でも「ちょっとしたコツで100万貯める!!」とかやっているじゃないですか。

一年で100万貯めるのって本になるくらいすごいことなのですよ。

しろくま
120万で少額ってイヤミかね。

まぁ、名称への愚痴はここまでにして・・・

つまり120万って年収300万の方にとっては大きいお金なんですよ。
なので、かなり頑張っていることになります。

しろくま
120万を投資する事はすごいこと!

120万用意出来なくても、投資用のお金を毎年積み立てていくことだってできます。
つみたてNISAっていうのですけどもね。これも手数料無料。
違うところは一年間40万が満額(20年続けられる)ってことです。

と、いうことは毎月33,000円くらいを用意できれば良いようですね。
120万の用意が出来ない人はこちらがいいのかもしれませんね。自動積立も可能なので、楽ちんです。

NISA,NISA言っていますが、
つまり平均的な給料の持ち主はどう頑張っても120万がギリギリだし、それが難しい人はつみたてNISAがぴったりてことです。

これは・・・よく考えられていますね・・・。小額っていう名称以外はかなり庶民の感覚に近いです。

平均的年収の方はNISAだけやればもうOK!頑張った!ってことなんです。(だってそれ以上に出せないし

いや、今まで貯めてきた貯金から出せる!っていうお金持ちはNISA枠埋めてから普通に買いましょう。
その場合100万円くらいのまとまったお金のほうがいいですよ。手数料負けしちゃうので。
NISAと違ってコツコツ買うと手数料負けしますので注意です。

株に詳しくない人が何を買えばいいのかもう答えは出ている

おすすめする一番の理由は、私のように普段株の関係の仕事をしているわけでもない人間が今後の未来のために選ぶべき投資はもう決まっているってことです。

MONO
そう、決まっているんだよね。

それはS&P500インディックスファンドです。

まずいきなりですが、日経平均のチャートを見てください。

ふむふむ。これを見て言えることは

しろくま
1990年をいまだに超えられない。

まだ過去の日本を上回ることが出来ていないのです。結構ショックですね。

最近では徐々に高まってきていますが、体感して儲かってる感はありませんし
日本株で儲かるのは初心者にはなかなか難しいです。
日本の個別株なんかも難しいものなのですよ。

そしてS&P500のチャートを見てください。

この!きれいな!右肩あがり!

最近下がりましたけど、このきれいな右肩上がりの前では

MONO
下がることもあるよね

としか言えないです。

ここでS&P500の説明としますと、
アメリカの株式市場の代表的な株価指数のことで、ニューヨーク証券取引所・ナスダックなどの上場銘柄から選ばれた500銘柄の平均です。

もっと簡単に言うと、アメリカでイケイケでノリノリな有名株の平均です。
そりゃ、こんなに上がるよねぇ・・・。

構成メンバーとしては、アップルとかフォトショップやイラストレーターのアドビ・・・
いやもうキリないくらいの有名会社ばっかりの株価の平均です。

著名なバフェットさんがおすすめしていますし。

とりあえず、もう、S&P500なんですよ。
これを長期的に購入すればあなたのお金もあのチャートのように右肩上がりになるわけです。

一銘柄(アップル)を買うのもいいんですが、もしアップルの株価が落ち込んだ時に補うことが出来ません。

ならば、補おうといろいろの株を買うとしますよね。
それ、全部調べなきゃいけないんですよ。

約10銘柄くらいのポートフォリオを作るとしても、それが出来るか、出来ないかを考えてください。(できる人は個別銘柄買ってみよう)

MONO
私は出来ない!仕事があるし、家事がある!

こうしてS&P500を買うことになったのです。
理由は自分でポートフォリオを作れないから!調べられないから!

S&P500なら一つだけ(VOOとか)を買っても良いし。だってもともと平均だもの。
買うのも一年に一回120万ガツンと買えば楽ですし。(大きいお金を扱う勇気は必要)
※再配当は一年越しにしてあげればいいかな?と思っている

そんな感じで私は米国株押しています。主にS&P500最適な解と言われている最強インディックスファンドです。
そりゃ買いますよ。

まとめ

  • 米国株ETF(S&P500)をNISAで購入すべし

しろくま
言い切りすぎじゃない?
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする