米国株を選んだきっかけは会社の確定拠出年金

  • 2018年10月22日
  • 2019年1月27日
  • 米国株

今日は私が数ある投資の中から米国株を選んだ訳を書いていきたいと思います。

 

もともと私は株なんて全く興味もなく、むしろ「やってはいけない部類のものだ」という認識をしていました。

 

とくに嫌いになっていたわけでも、身内に株で痛い目に合った人がいたわけでもなく、何となく、私には関係のないものだし、私はやってはいけないものだと思っていました。

 

理由は特にないのです。「株=やらない」と決めていたのです。

 

多分ずっとギャンブルの類に似た何かだと思っていたのでしょう。
そしてそもそも知識がなかったのです。知らないものはやろうとはちっとも思いませんでした。

 

広告

証券会社の人に居間を奪われていた子供時代

 

実家には証券会社の人がずっと通っていましたが・・・。
これは私には全く関係なく、父が株取引をしていました。証券会社の方が訪問販売をしていたのです。

 

父はそこそこ株ができるようで、夕方仕事から帰ってくるとたまに来る証券会社の人と話していました。

 

その時の私はまだまだ子供でしたので、テレビがある、団らんできる居間がよくわからない証券会社のおじさんと父に占領され、面白くなかった・・・そんな印象しかありません。笑

 

子供の頃の私:またショーケンの人来たよ・・・(がっかり

 

こんな感じで、子供の時の私と株はなにも繋がりません。

 

ちなみに父は父の勤めていた会社の株を入社当時からコツコツ買っていたようで、結構儲かったようです。たまに自慢してきたり、暴落した時は何か言っていましたが全然興味を持ちませんでした。

 

株=大人のおっさんのするもの…ってイメージしかなかったよ

 

FXに出会う。

 

その後私は成人し、25歳あたりでFXに出会いました。

 

当時2chまとめなどの全盛期で、やけに目立ってにぎわっていたFX・・・。
昔から、お金が好きだった私はやってみたくなりました。

 

当時はFXの本を買ってチャートを勉強し、いろいろデモとかいじって遊んでいました。

 

デモとは、FXを本当にするわけではなく、仮想のお金(仮想通貨じゃない)でいわばFXの練習をさせてくれる場所のことです。

 

そしていざFXを本物の自分のお金でやってみると

 

 

・・・・焦る焦る焦る・・・・!!!

 

 

超焦る・・・!!

 

 

FXって実際やってみるとわかるんですが、使い方は結構簡単に操作できるんですよ。
そこから先が大変なんです。自分の心がピョンピョン跳ねるんですよ。

 

チャートが赤(マイナス)になったり青(プラス)になったり、もう

 

ひぇぇぇぇ~~~!!

 

って感じでした。

 

まぁ、初心者だったので耐えきれないのと、勢いでナンピンしちゃったりと散々でした。
あと、高速で稼ぐスキャルピングなどが流行っていてかっこよく感じちゃったんですよね。(遠い目

 

ネットの人は言っていました。

FXはポチったらあとは気絶するべき」

あの時は「あはは、面白いな」って思いましたが、今思うとそうかもしれんなぁとか思っちゃいます。画面をずっと見てると変なアドレナリン出てくるんですよ。

 

負けても変なアドレナリンのせいで

おら、オメーみてぇなつえーの、わくわくすっぞ・・・!(ナンピンぽちー

って感じだし、時すでにおスシでした。

 

無事に半年で5万ほど潔く負けました。(FX向いてないとはっきりわかってからは辞めるのは早かった)

 

凹みにへこんで父に言うと、「5万?俺がパチンコで負けた額に比べるとかわいいもんだ」と笑って言いました。

 

どんだけ負けたんだよ・・・・!

 

それからは静かに暮らしていました。

 

きっかけは会社の「確定拠出年金(DC)」でした。※入社数年で導入された。

 

最初のころは年金制度がこんなものに変わって
「なんだってー!?自分で運営とか面倒くさい!」とか思っていましたねぇ。

 

最初の数年は放置していました。

ある日ふとログインしてみたくなって、ログインしてみると・・・・

 

あ、やっぱり超面倒くせ~~~~~~!!!

 

目の前に、超面倒くさそうな感じが広がっていました。
どの場所をみても面倒くさい・・・

 

色々見れば見るほど面倒くさい・・・。

 

でもなぜかそれで火が付きました。

 

当時、ほぼ放置していたのでマイナスにはなっていないけども、評価損益が0に近かったのです。

 

しかも毎月の掛け金が非常に少なかったのです。(会社の都合なのか…若いためか、毎月5000円以下でした。)※自分でお金を足していくこともできるが、弊社では出来なかった。

 

これをもっといじったらお金増えるのかな~。

何もしないでいたらずーっとつまらない金額なんだろうな~と危機感を覚えましたので、
商品別分配変更とやらで少し実験をすることにしました。

 

外国ファンド=リスク高い と冊子に書いてあったので最初はまったく触れませんでしたが、自分が若いこともあって、リスクを取りに行くことにしました。

 

そしたら・・・

2000円くらいしかなかった評価損益が、2万くらいに増えました。(数か月はかかりましたが。

 

利回りもぐんぐん上がり、最高6%という文字もたたき出しました。その時評価損益は7万くらい。

 

これは・・・面白い!

 

確定拠出年金は会社からお金を出してもらっているので、結構気軽に操作が出来ました。(笑

 

そこからですね。私がもっとお金を出して株を買ってみたいと思ったのは。

 

米国株のことを勉強するにつれてETFに興味を持ち

 

私:最強じゃん・・・

 

と感じ、ちょうど去年の今頃マネックス証券に口座申込等をしました。

こんな感じですね、私が米国株に興味を持ったきっかけは。
会社の確定拠出年金には感謝ですね。毎月5000円以下だけど・・・・

 

終わり

 

※FXの記憶が強すぎてほぼFXのことしか書いてないことをご了承ください。

おすすめ記事
月5万の積み立てで育てるお金の生る木。増え続ける不労所得の作り方
■マネックス証券の口座を作りたい方はこちら

■SBI証券の口座を作りたい方はこちら

最新情報をチェックしよう!
広告