ひらがな練習に最適!4歳児が文字を書けるようになるおすすめ商品

4歳児が文字を書けるようになった商品紹介

お子さんへの教育は、生まれた時から頭をよぎる問題ですよね。
0歳児から本を読んでみたり、ひらがなを指で指しながら本を読んでみたり(笑

一言一言丁寧に発音してみたりと、親も大変です。
なんだか本は読めそうな感じなのですが、決して読むことはなく「ママ読んで!(強気」と、なんとも偉そうにしています。

MONO
ほんとうは自分で読んでほしいんだけどな~

そんなこんなで私の一人娘は4歳になったのですが、最近いきなりひらがなを書く気持ちになったようです。

MONO
ありがたい!

今回は4歳児がひらがなを書こうという気持ちになったことを記念して、うちで使っているおもちゃが参考になるかな?と
おススメしてみますね。

今日私が家事等をしている間に黙々と何かを書いているなぁと思ったら、
お絵描きノートに2枚にびっしり文字のようなものが・・・!

MONO
え?なに?ママ大好きとか?わくわく

四歳児が歌詞を書いている。偉くて寝かせられない。笑

ちなみに書いてるのは

人間っていいなの二番

一番目の歌詞は書き済み。

文字は私が水で書けるやつで教えています。
大体お絵かきシートで書くのは私という逆転の法則

なぜ「にんげんっていいな」なのか・・・。<この週の土曜日に保育園で歌を歌う予定があるからっぽい

猛特訓で歌を覚えたのか、日本昔ばなしをリアルタイムで見ていた私よりも歌はしっかり覚えている様子。
日本昔ばなしを今見せたらどんな反応なのか少し気になるところです。

一心不乱に歌詞を書くこども。うれしいやら若干怖いやら。

MONO
本よめないくせに文字書いてる・・・。

スポンサーリンク

4歳児が文字を書けるようになった商品とは。

さて、なぜ文字を書けるようになったかというと思い当たる節が・・・。
4歳児が文字を書けるようになったきっかけの商品は、このスイスイおえかき 青です。

購入するときもう少し高くてカラフルなスイスイおえかき NEW カラフルシートと迷ったのですが、絵をかくとき、カラーの境目が気になるので私はシートが青1色のものを選びました。

この商品、結構良くてですね。

  1. 手形遊びができる
  2. なぐり書きができる
  3. お絵かきができる
  4. 文字練習ができる
  5. 水で書くから周りが汚れない
  6. 乾けば何度でも書けちゃう
  7. 大きいシートなのでのびのびかける
  8. 1.5歳からつかえる

と、かなり良いところが盛りだくさんなのですよ。
一番いいのはやっぱり、書いて乾かせるところですよね。
ペンが2本入っていたので、親と子供で楽しめます。もちろん兄弟でもケンカになりませんね。

これ、前から欲しくて子供の誕生日に私が買ったのですよ。
旦那がちょっとびっくりしていました。(私はあまり物を買わないから?)

水道水で書けるのは本当に良くって、もし床にぴっと書いてしまってもぜーんぜん余裕なんです。
水ですからね!

文字練習に良い。

文字がなぞると青文字になるような仕組みになっているのもポイントです。
どんなにへたくそになぞっても、きれいな文字が出てきます。

でも子供にとっては「かけた!」と自信につながるのだと思います。
気が付いたら全ての文字をなぞっていたりしますよ。なぞるのも楽しいみたいで。

しかも何回なぞっても、乾けばまた書けるので最高です。市販のなぞるノートってちょっとなぞったら終わりじゃないですか。
それがちょっと不満だったのでこれは買ってよかったです。私もお絵描き楽しいですし(笑

あと安い。笑
汚れないし、おもちゃになるし文字が書けるようになるなら超安い。おススメです。

パッケージ表です。知育玩具と謳っていますね。
でも確かに、ほかのメーカーよりは文字が書くようになっている要素が多いです。

ボケててすみません(汗

このペン、実は普通のペンと違って、逆回転しないとペン先が取れません。
子供が興味本位でペン先を外して、水をこぼさないようにという配慮です。<すごい!

このような使い方ができます。
子供はお絵描き大好きなので、お絵描きノート、コピー紙を大量に使っては
作品という名のゴ・・・、いえ、素敵なものを量産し続けますよね。

スイスイお絵描きがあれば、結構満足してくれるので家の中が大量のゴ・・・、作品で散らかることなく済みます。

親が書いても楽しいので、親子のコミュニケーションも取りやすく、楽しく遊ぶことが出来て、買ってよかったです!


スイスイおえかき 青

これは重要な情報なんですが、水を入れたままペンをシートにくるんで放置するとカビます!
ペンの水は遊んだら捨てましょう!

MONO
それだけ守ってね。約束だよ!
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする