【あさり筍】炊き込みご飯好きにはたまらない!一人暮らしの仕送りに!

クッキングの時間です!
クッキングというには簡単すぎるシーリーズ第一弾、炊き込みご飯!


炊き込みご飯っておいしいですよね。
旬の食べ物を入れれば絶対においしいご飯の完成です。

炊き込みご飯は山の幸、海の幸、どちらにも合いますよね~。
でも、実際に海の幸、山の幸をドーンと入れるのはなかなかお金がかかります。

そう、材料費。おいしいものを作るのって結構材料費が掛かるんですよね。
タケノコ、ホタテ、鮭、貝類・・・旬で美味しいものって高価です!

そしてタケノコに味がしないとなんとも淡泊で「あれ?」ってなった経験ありませんか?
ただ炊き込むよりも先に味を具材に含ませるとよりおいしくなるんです。

が!そうするとやっぱりほかの鍋も出さないとですし、手間が結構掛かります。
今回紹介するのはとっても簡単においしい炊き込みご飯が作れます!常備で重宝間違いなしですよ。

スポンサーリンク

炊き込みご飯を作ってみよう!


パウチで混ぜるだけの商品はとっても簡単においしい味になるのでお気に入りです。
時間がない人や、おかずの品が少ないとき、学生の一人暮らしの仕送りにぴったりなんですよ~!

今日作るのはこれ!

こちらはあさり筍という炊き込みご飯の素です。
名称そのままに、あさりと筍の薫り高い炊き込みご飯です。早速作りましょう!

箱を開けるとパウチが一つ入っています。
箱の裏には作り方が書いてありますよ。
2合分のあさり筍ご飯が作れて、さらに3合に量を増やしたい場合は調味料を書いてある分量足してあげれば丁度よく作れます。


まずお米を洗う


お米を洗う作業です。
実は手でお米を洗いません。冬になると寒いから!!(笑
あと、手を洗ったりする頻度が多いため、すごく手が荒れるんですよね。

こちらはシャカシャカするだけでお米を洗うことができるお米とぎ器です!
これにしてからは、お米を手で洗うことは全くなくなりました!
正直もう、これなしじゃ米洗いたくありません(笑




米研ぎ棒冷たい水・手荒れ・ネイルの悩み解消 米とぎ棒

パウチ投入~~!


結構具だくさんでびっくりしました。
すでになんだか出汁というかあさりのいい香りがしています。
貝類の出しって本当に良い香りですね。

混ぜ混ぜしましょう。
軽く混ぜるだけでOKです~~。

焚いた後に10分蒸らす


焚けました!パッケージ裏に炊き上がった後分蒸らしてと書いてあったので蒸らしました。
この蒸らし時間の間に味噌汁と卵焼き焼いていました。
10分あれば副菜ちょっとだけ増やせますね(笑

炊飯器のフタを開けると、具が上に来てました。
焚く前に混ぜたけど、具が大きいから混ざらないw

炊き込みご飯混ぜ混ぜ~~

今回私は混ぜることしかしていません。めっちゃ楽です。

盛り付け


はい盛った!

上から!

筍は結構大きめ、あさりもたくさん入っていました。
具材ににしっかり味がついていたのですごくおいしかったですよー。
かみしめるとあさりの出汁をしっかりと含んだご飯を感じることができます。
筍の歯ごたえも残っていて、くせになります!

あさりがふわ~っと香るんですがなんであんなに上品なんでしょう?
自分でいちから作ると、炊き込みご飯の具材をいっぱい切って煮ないといけませんし、
何よりおかずまで作らなくてはいけません。

会社から帰ってきて、「あ~疲れた~~~~!」と感じたら、炊き込みご飯おすすめです。


白子のり 炊き込みあさり筍(190g)

まとめ

  • コメを研ぐ
  • パウチの具材を混ぜる
  • 炊飯器で炊く
  • ご飯を盛る

めっちゃ簡単ですごく薫り高い炊き込みご飯でした!
おすすめです!

おまけ


ちなみにこの茶碗は旦那の手作りです!(笑
陶芸に興味があったときに、陶芸教室の懸賞を当てた時に作ったものです!
私と旦那で陶芸教室に通って作ったんですよ~~。

陶芸は良いです。みなさんもぜひにw

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする