通常の投資信託とは違う。ETFのコストが安い訳。

コストが安い、これはビギナーにはピンと来ないかもしれません。

ウェルスナビの手数料が全体の1%(百万だったら年で1万円)

投資信託では信託報酬(運用管理費)が年率0.5~2.5%

ETFは0.1~1%

MONOが行っている米国ETFなら、なんと0.04です!!(VOOとVTI)

ありがたいですね。

どうです?すこし興味を持ってきましたか?

今日はETFの記事を書きたいと思います。

スポンサーリンク

コストが安い!ETF(投資信託)でも、なぜ安い?

しろくま
ETFってなに?

MONO
証券取引所に上場している投資信託のことだよ。株価指数や証券・REIT・通貨・金などの指数に連動しているよ。

しろくま
でも、なんで安いの?

ETFが安い訳は、販売会社(証券会社)には手数料を払わないから!

その分、ETFのコストが少なく、負担がない。買うほうにはメリットですね。

一方、通常の投資信託では、証券会社・銀行等の金融機関から売買します。

証券会社・銀行は投資信託の資産運用会社から手数料を貰います。

※ETFも投資信託ですが、このような違いはあります。

しろくま
会社がいっぱい出てきてちんぷんかんぷんだよ。

MONO
とりあえず、証券会社に手数料を払わなくて良いから安いんだよ。

ETFは販売会社はあんまり勧めない。

販売会社へのコストがかからない=販売会社はどんなに販売しても利益にならない。

そんなかんじで、販売会社ではETFのことをあまり進めていないようです。

販売会社の人に「どれが儲かる?」と聞くとすると、

きっと販売会社にとって利益率の良い商品を進められるでしょう。

販売会社も儲けを出さなくてはいけませんから、しょうがないことです。

ですが、あまりに無知であることも罪です。

手数料が高いです。と販売員さんに言われても

「手数料が高い・・・それってかなり儲けられるからなんじゃないの!?」

なんて勝手な期待はご法度ですよ。それはちょっと都合がよすぎます。

「商品が高ければ高いほど性能がいい」

「手数料が高いということはそれほどリターンも大きいのではないか?」

なんて思っていませんか?

全然ちがいますので、販売員さんが丁寧に「ちょっと手数料が高いです・・・」と静かに言ったら我に返ってくださいね。

いろいろ間に入っている会社があるってだけかもしれません。

保険もそうです。手数料が高いです・・・と何度も言う販売員さんだなぁと思った20代中ごろ・・・(契約しちゃいましたけど)

今思えば、私はバカだったな、と思います。手数料、たぶん半端なく高かったんだろうな~・・・。今も続行中ですが、途中で解約すると、元割れするんだってさ。(涙

手数料が高い、それって勉強しないとわかりません。

いろいろ自分で比べないとわからないものです。

ビギナーに言えることは「手数料は比べて疑ってほしい」です。

一つの手数料だけを出されても高いか低いか、わかりませんから・・・。

まとめ

  • ETFは投資信託。
  • 投資信託は投資信託でも、販売会社には手数料を払わなくていい。
  • 販売員が勧めるやつは大体高いやつ。
  • 手数料は比べないとその高さ、安さに気づけないから比べてみよう。

MONO
ETFはコスパ良いよ・・・。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. sutton5537 より:

    ETFって気になってたんですが、ちょっと手出しできずにいました。。
    なるほどですねー、恥ずかしながら私もこの歳になってようやく手数料ってものを意識し始めてまして笑
    検討してみようかな?
    貴重な情報ありがとうございましたー!
    てか、ページめっちゃ凝ってて読みやすっ!!

  2. MONO より:

    手数料って正直、あんまり気にしないですもんね。よくわからないものほど気にしない(笑
    でも長い間買い続けるなら安いほうが良いです!人気があるETFだと、手数料下げてくれたりもするそうです。(そしてまた人が購入してくれる)
    凝ってますか?ありがとうございます!結構恐々と更新してます・・・(笑