20代30代おすすめ!若いときからの投資で資産を増やす!

  • 2018年9月26日
  • 2019年1月27日
  • 米国株

 

近年若いうちから投資する人は少なくないと聞きます。

 

最近ではビットコインやFXも盛んにおこなわれていましたが、

ビットコインはみんなに見守られながら、急激に落下しました。

 

そのような失敗を味わうのは嫌で、投資をしない人はいっぱい居ます。

誰しも損はしたくないですもんね。

 

ですが、若い人たちにはぜひとも少しずつでも投資をしてほしいと思っています。

なぜなら若いときに少し損をしても、挽回できます。

 

そしてコツコツ投資を進めることによって時間があなたの味方になっていきます。

実際投資を始めるとわかるのですが、数万ずつ月々に貯めると同時に、配当もプラスされていき、階段状に資産が増えていきます。

 

毎月2万を銀行の預金で20年貯めると480万です。

毎月2万を運用利回り3%(年率)の投資だと、約655万です。(非課税の場合)

差はなんと175万です。

 

非課税の場合なら、175万に税金はかからないため、すべて自分のものにできますね。

普通に課税される場合ですと、利益の20%が引かれるため、預金との差は140万です。

非課税ってなに?
つまり、NISAのことだよ。NISA口座やつみたてNISA口座を作れば、こんなふうに税金で引かれないお金がつくれるよ。NISA口座以外で株を買うと20%の税がかかるんです。

 

NISAが出来てから数年たちますね。

NISAという名称はなじんでいるように思えるのですが、実際口座を持っている人はどのくらいいるのでしょう。

 

広告

NISA口座年代別比率

 

ここでNISAを使用している人(口座数)の年代別比率を見てみましょう。

20代・・・4.6%

30代・・・10.7%

40代・・・15.4%

50代・・・16.6%

60代・・・22.3%

70代・・・19.0%

80代・・・9.0%

20代が一番少なくて、60代が一番多いですね。
20代、30代、40代を足してやっと60代の加入者と同じくらいになるります。

若い人の口座数少ない~!
もともと株をやっていた人にとっては、非課税なのですぐに加入したいと思うでしょう。60代の知人もすぐにNISA枠は使うそうです。

 

でも株をやっていない人にとってはNISAの口座を取得することから億劫なんですよね。

 

自分がやりたい投資の形

 

MONOも最初は株の本を読み漁り、どの銘柄が・・・チャートが・・・など、頭を悩ませていました。

考えに考えて、私は自分のやりたい投資を考えました。

 

●今使っていない貯金の一部を投資に回す。(現在NISAに100万)

●外国株ETFの購入

●ウェルスナビを使ったコツコツ投資

主にこの3つです。

 

今使っていない貯金をこのままほおっておくのはもったいない気がしたので投資をしているのですが、後悔など一切ないですね。

株をしてみたかったし、NISAも使ってみたかったし、外国株ETFを買いたかったのですべてまとめてみました。

 

現在VOOとVTIの外国株ETFを購入しています。

ウェルスナビは月に2万円づつお遊び程度にやっています。

ボーナス月には4万の設定とかができます。

 

ウェルスナビのいいところは、アプリを開いてすぐに何万溜まったか、どれくらい損したかを見れるところですね。手数料が高いといわれていますが、私はまだ数百円程度の手数料なので高く感じません。

 

もっとお金を貯めていくと「高い!」と感じるようになると思います。笑

今は本当興味本位でやっています。

 

こうやってちょっとづつ資金を投資に回していっています。

ウェルスナビはビギナーにはいいと思いますよ。お金を頑張って増やそうとするロボを飼育しているイメージでたのしいです。

 

餌(月2万)をあげると頑張って株を購入してくれます。
毎日ウェルスナビを見てるとかわいいと感じてきましたよ。きっと私だけですね。

最新情報をチェックしよう!
広告