懸賞が当たらないのはどうして⁉効率よく懸賞が当選する秘訣!秘密の企業の懸賞裏話!

こんにちは。懸賞は自分で言うのもアレですが、よく当たるほうです。MONOです。

当たったものは・・・

7000円分のペア陶芸(体験型)、旅行、映画チケット20枚以上、オペラペアチケット、石鹸、有名まな板、Tシャツ…思い出せないけどいろいろです。

今は正直言って昔よりは当たりやすいですね。

「え!昔より当たるの?そんな感じ全くないけど!」

「送っても送っても当たらない!」

「運がないし、そもそも本当に当たるの?」

…なんて方がいっぱい居そうですね。その気持ちわかります。当たらないときはそうでした。

でもそれは、あなたの懸賞の出し方がいまいちだったのかもしれません。

ここからは私が「私ってよく当たるほうなんじゃない?」と天狗になるわけを教えていきますね!

スポンサーリンク

懸賞は当たる人数を確認しよう!

皆さん、いきなりですが有名掃除機とか高性能炊飯器とか大きいTVとか高級時計とか狙っていませんか?

わかります、それが欲しいのですよね。でもちょっと待ってください。

当たる人数、何人ですか?

大体1名ですよね。

有名掃除機はみんな欲しいのです!高性能炊飯器も、TVも、時計も、全部高いのです。

高いものをみんな欲しがるのです。

つまり、人気商品はみんなが狙うので当たる確率が低くなってしまいます。

有名商品を手に入れるには夢があるけど、実は夢がない状態になっていませんか?

その夢からそっと起き、ページの片隅の100名に当たると書いてある500円のクオカードにしませんか?

これこそが懸賞品を手に入れる第一歩ですよ。

「当たらない!」の陰に「当たる確率がものすご~~~~~~く少ない製品に応募している」という事実を知りましょう。

なにも当たらないより、500円のクオカードを手に入れたあなたはきっとうれしいはずですよ。

懸賞サイトを日々使うべし!

懸賞サイトって使ったことはありますか?

毎日たくさんの懸賞をまとめてくれているサイトです。

そのサイトを毎日訪問し、欲しいものをクリック、応募すると確実に何かもらえますよ。

ちなみに上記の「昔よりも当たりやすい」というのはこういう形があるからです。

昔はお金を払ってはがきを買って応募していましたよね。しかも手書きで。

今は懸賞サイトで無料!タダ!で応募する権利が与えられます。(応募権利はもっと大変なバーコード集めとかレシート集めとかありますが、ここでは割愛します。)

当てたい!だけならいろいろなものに応募していくと大なり小なり当たります。

ちなみによく当たったのが、コスメ系~日用品の試供品でした。

ごく少量のお試しをもらえたりするのですが、試供品は旅行の際に便利ですよ。笑

持ち運びに楽だし、詰め替えたりする手間もないので。

ポイントは無感情で応募することですね。より多くの応募をしましょう!

正直一番当たるのがこれ。地域の情報誌の懸賞!

一番私が当たるのがこれです。

というか、欲しいものはここで当てます。映画の鑑賞チケットはもう20枚以上は貰ったんじゃないでしょうか・・・!?

地域の情報誌は範囲が狭いです。自分の住んでいる市かその周りの市。規模が大きかったら県。

よく考えてください、上二つで教えたものは「全国向け」ですよ。

情報誌は「自分の住んでいる市町村向け」明らかに規模が違います。

日本は今1.27億人住んでいるそうですが、あなたの市はたったの数万人のはずです。

この差です。ライバルが少ない!これが一番のポイントです。

何も考えず、自分の市で出ているフリーペーパーをすっと持ち帰り、さっと応募しましょう。

ここでも限定1名様より、10名様のほうが当たりやすいですし、みんなが興味を持たなそうなものを選びましょう。

興味を持たなそうなものでも自分の好みだったらほしいですしね。

強烈なインパクトの猫のTシャツ(強烈すぎて人気なさそう)に応募したら当たりましたしね。私は嬉しいけどね。よく着ますし。笑

映画情報をよくチェック!試写会に応募しよう!

最初に謝ります。私は応募しないです。

と、いうのは理由があって、試写会は時間がもうすでに決まっているからです。

試写会というのは、「一般公開前の映画を公開するから試し見に協力して!」っていうものなので、試写会側の予定に合わせなければいけません。

だいたい、平日の夕方に試写会が多いですね。映画館も指定されています。

「会社だよ!!」

「その時間にその映画館には行けないよ!」

仕事をしている人間にはできないことがあるのです。有給とればいけるけど、いけるけど、すげ~~~~~見た~~~~~い!!!ってやつじゃないと有給使う気になれないじゃない?

そんな感じなので私は応募しないのですが、正直時間があって、場所も近いなら即応募しますよ。条件が合わないだけなのです。

当たる確率としては、一番高いですからね!100名募集とか普通にありますからね。

平日の夕方~夜に時間がある方は毎回毎回出してみましょう。

毎回タダで新しい映画が見れるかもしれませんよ。

でもやっぱり大型製品が欲しい!秘密の企業の懸賞裏側!

大型商品の懸賞はかなり難しいです。

代わりに欲しい製品を制作している企業が行っているアンケートに答えましょう!

アンケートは消費者側の生の声が聞こえる重要なチャンスです。

アンケートからいろいろ抽出して新しい製品のネタにしたりもできますし。

そんな重要なアンケートをもらうために豪華懸賞!などと謳って調査しています。

アンケート結果はちゃんと内部の人が見ています。

その中でありがたい内容を書いたり、熱意が伝わると製品GETも夢じゃありません。

例1:

「スクーター欲しいです!お願い!当てて!」

例2:

「お世話になっております。いつも〇〇の製品を使っています。〇〇はこういったときに使ったり、時にはあのような使い方をしてみたりなくてはならないものになっています。~~~~(その他熱意のある文章)~~~~~」

あなたがもし懸賞を誰を選らぶか決める立場だったらどっちにしたいですか?

私は例2の人ですね。有益な情報を書き込んでくれている場合もあります。

懸賞アンケートは中の人に向かって丁寧に伝えましょう。

(当選者を選ぶ方法は企業によってさまざまなので、まったく当てはまらない場合もあります。)

まとめ

  • 1名だけしか当たらないものは避けよう。
  • 懸賞サイトを使おう。数打ちゃ当たる方式。
  • 地域誌を利用してみよう。敵が少ないよ。
  • 映画試写会に応募してみよう。私のように、行きたいけどいけない人間は多い。
  • 企業のアンケートは積極的に熱意を伝えよう!みんな意外と熱烈なラブコールをしているぞ。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする